トップページ
プロフィール
活動情報
二胡音楽院のご案内
リンク集

お問い合わせ 個人情報保護方針

トップページ > プロフィール > プロフィール

姜 暁艶のプロフィール

プロフィール

姜 暁艶について

姜 暁艶の画像※ウィキペディア【姜 暁艶】掲載ページ
二胡奏者・医学博士 姜 暁艶(ジャン ショウイェン)(Jiang Xiaoyan)

中国大連市生まれ、5歳から二胡を学ぶ。医学博士であり二胡奏者。1997年来日。現在、二胡演奏はもちろん作曲、歌手、舞台監督など総合プロデュ―サー、またファションデザイナーとして幅広いジャンルで活躍している。

国境を越え、民族を超え、言語を越えて「いのちの尊さ・平和への願い」、「慈しみの心・世界へ響け」、「シルクロード~仏教伝来の道」をテーマに、アメリカや日本各地で数百回を超える仏教・医学の講演会や二胡コンサート、テレビ出演をしている。
お釈迦様の慈悲の心を、二胡の音色とともに若い世代へ伝えるよう尽力している。

NHKテレビを始め、多くのテレビ、ラジオ番組に、二胡の生演奏とトークで出演。
24時間テレビ30「愛は地球を救う」~人生が変わる瞬間~に終日出演。石井竜也&広島交響楽団による「Grand Angel Orchestra」にゲスト出演するなど数多くのアーティストと共演。平山郁夫画伯の「仏の来たシルクロード」特別記念二胡コンサート。東京音楽大学の公開講座で演奏。大林宣彦監督の旭日小綬章受賞を祝う会にゲスト出演。広島原爆記念日には、広島代表としてニューヨークでの原爆記念日平和式典に出演。日本労働組合連合会主催の「核兵器を絶滅~平和大会 in 広島」、その他各分野の数々の全国大会で講演と演奏。京都国立博物館の展覧会「魅惑の清朝陶磁展」で6回、「南山城の古寺巡礼展」では3回の記念コンサート。 「徳川家康公400年祭in駿府城」「第56回全日本花いっぱい静岡大会」に出演、NHK Eテレで全国放送される。

全国仏教伝道協会の50周年記念仏教音楽祭で二胡演奏。宗派を超え、仏様の慈しみの心を若い世帯へ伝える講演とコンサートを全国各地とアメリカなどで活躍。全国寺院で日曜講演や仏教婦人連盟大会、仏壮大会、報恩講、親鸞聖人750回大遠忌法要記念公演、知恩院での「暁天講座」第40回、第48回法然上人800年大遠忌奉修法要記念公演、曹洞宗の全国壮年大会、有道会の講演と演奏などで活躍する。

原爆被害者、精神障害者への支援活動「Life & Peace.Jiang」を主宰。
ソロプチミストルビー賞 受賞の様子広島市からは「ひろしま国際交流推進者・推進団体」と「広島市文化振興基金助成事業」に 、平和推進団体者として認定を受け、医学博士として現代ストレス社会への悩みや自殺対策など、心のケアを講演、音楽療法を積極的に行っている。

院長をしている「二胡音楽院」の100名を超える出演者と、2,000人を超える観客が一体となる定期演奏会「姜暁艶&二胡音楽院~二胡アンサンブルコンサート」を総合プロデュースして9回目を数える。

平山郁夫画伯の原爆の絵「広島生変図」をイメージして宇崎竜童から二胡の音色に合わせ、平和の願いを表現する「ボレロ ヒロシマ」を受け、平和への願いを世界に発信し続けている。 
また、江戸時代の絵師 伊藤若冲の「蓮池図」と西本願寺の御影堂の内陣の蓮の花をイメージして作曲した「蓮心」の曲は好評でBGMとしても放送されている。
平山郁夫画伯のシルクロード作品「月光砂漠行」をフィチュアして作曲した「Remember~もう一度逢いたくて~」の曲は、いのちの尊さを心に染み入る二胡の音色で表現し高い評価を得ている。

CDアルバム「追夢」、「願」、「慈響」、「めぐみ」、「輝けいのち」、「千の風」、「悠」、「蓮心」、「心恋」、「平和の響」、「古寺月影」、「Love Rose」、「追憶~シルクロード」、「悠久の月」、「アニバーサリー」をリリース、著書「幸せへの扉~慈しみの心」(探究社)も好評発売中。 2002年3月広島大学で医学博士号取得。

【二胡音楽院】
〒730-0016 広島市中区幟町10-16 2F
TEL:082-222-8449
FAX:082-555-0533
mail:nikoongakuin@niko-jiang.com
HP  :www.niko-jiang.com
Blog:ameblo.jp/niko-jiang/


Performing musician of "Erhu" Chinese fiddle President, Erhu Music Academy, Japan President, Nikka Academy, Inc, Japan. Instructor, Yamaha Music Academy Guest researcher, Hiroshima University Faculty of Medicine Instructor, Liaoning University of Chinese Medicine

Dr. Jiang was born in Dialian, Manchuria region of China. She has been playing "Erhu" since she was five years old, as well as taking lessons of singing, dancing, violin and other instruments at art schools in China. In 1994, she received the Master Degree of Medicine at Liaoning University of Chinese Medicine in China. In 1997, she went to Hiroshima University (Medicine) as a researcher, and in 2002 received the Ph.D. of Medicine from Hiroshima University.

Dr. Jiang has been sharing the message of "peace and healing of mind" and " preciousness of live" through her Erhu music, while she has continued her medical (heart) research. She has appeared on TV, radios, magazines and newspapers many times, including NHK TV & radio, Hiroshima TV, RCC Chugoku TV and Okayama TV.

She has had concerts and recitals in many places, such as Hiroshima Peace Concert, Hiroshima cultural Center, Okayama Symphony Hall, Osaka Koseinenkin Concert Hall as well as Buddhist temples, hospitals and hotels. In 2004, she even traveled to New York and Seattle for Peace ceremony and concert. She has released CD albums -"Tuimu" (following the dream) "Negai" (wishes) "Ji-Kyo" (Echo of Love) "Megumi"(Compassion).

卒業論文
Immunofluoresce detection of gastric H+/-ATPase and its alterations related to acid secretion

卒副論文
Direct -view 3D imaging of the Golgi apparatus : Studies the exocrine cells of the rodent stomach

※Wikipedia【Jiang Xiaoyan】

▲ページトップへ

プロフィール